2006年03月07日

イメージトレーニング

別ブログ『おれ達しゃこたんず』にも書きましたが、今日は公園に車椅子に乗ったキャンちゃんがお散歩に来ていました。
車椅子に乗ってるキャンちゃんに会うのは初めてのユウリ。

只でさえ初めて見るものには警戒するので、
正直「キャンちゃんに吠えるかも・・・」と考えていました。

近づくにつれ早足になるユウリ。
そして久しぶりに会うキャンちゃんに静かに近づいて
大人しくご挨拶ができました。
姿は少し変っても、キャンちゃんの顔や匂いをちゃんと覚えていた。
そのことがとても嬉しく、お友達の少ないユウリにとって
キャンちゃんは特別な存在なんだと思うと同時に
少しでもユウリを疑った自分がちょっと恥ずかしくなりました。

動物に対して絶対の信用を持つことは、ある意味危険な場合も
たくさんあります。
しかし、トレーニングにのみ関して言えば
「今は出来なくてもいつか必ず出来るようになる!」
そう信じてあげることはとても大事なことかもしれません。

そして、吠える事無く上手にお散歩している姿や
子供達が側に来ても、大人しくオスワリしている姿をイメージする。
これは飼い主側のイメージトレーニングですが、今現在では難しいことでも、上手にお散歩している状況などをイメージして、「何も怖くないんだよ」と伝えることが出来るかもしれません。

ある本によれば、犬は人の発した言葉を理解するより、発した人の頭に描いてるイメージを読み取るのだそうです。
例えばオスワリやフセを教える時、言葉で指示を出すと同時に頭にその状態(オスワリやフセのスタイル)をイメージすると、早く覚えると聞いたことがあります。

吠えてしまったり、ガウッとしてしまったり・・・。
正直凹んでしまうこともありますが「いつかは出来る!」と
ユウリを信じてやりたいと思います。
そして凹みそうになったら、ユウリをナデながら上手にお散歩している様子をイメージしてあげたいと思います♪


ニックネーム れおーり at 23:55| Comment(2) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして♪
私もまもなく3歳になるデカチュア・・・じゃなくてミニチュアダックスの『まろ』を飼っています。
まろもユウリちゃんと同じ臆病&甘たれで
公園に連れて行っても子供にオジさんにオバサンに吠えまくり、お尻腺だしまくり・・・
初めて飼ったワンコなので、今でも手探り状態。
『おれたち・・・』の方には、よくお邪魔させていただいていたのですが、初めてコチラを見させて頂いて・・・私も頑張らなきゃ!!と思えました。 (^^)
まずは私の頭の中の改革から・・・が大事なんですね。
Posted by tama9 at 2006年03月09日 13:40
☆★tama9さんへ★☆

こちらこそ初めまして〜♪
コメント残してくれてありがとうございます♪

まろちゃんも臆病さんなんですね〜!
うんうん、すっごい分かります!!
子供、オジサン、オバサン、誰でもみ〜んな怖いの!
私もいつの間にこんな臆病になってしまったんだろう??って随分悩みました。
まだまだ怖いものがたくさんありますが、ちょっとずつ人や音に対しての警戒心が薄くなってきたようです。

ニャハハ〜!!「おれたち・・」の方にも遊びに来て下さってたんですね!!とっても嬉しいです!ありがとう〜〜!!

それぞれワンちゃんによって怖いモノや苦手なモノは違うと思いますがまろちゃんのペースでゆっくり怖いモノに慣らしていけばきっと大丈夫!

時間は掛かるかもしれませんが、
tama9さんも諦めずに一緒にがんばりましょ〜!!
私も応援しています!!
Posted by れおーり at 2006年03月09日 23:16