2006年02月23日

レオンの時間

ユウリとお散歩の間、ブタミミでお留守番のレオン。

午後からのお散歩では一緒に連れ出しても、以前より立ち止まったり
あちこち寄り道が多くなってしまった。
うむむ、レオン坊ちゃん『スネッ子モード』に入ったな〜。

だけど、考えてみたらそうだよね。
ユウリばっかりママと二人でお散歩するのはズルイよね。
ごめん、ごめん。

そんな訳で、今日からユウリの前にレオンのお散歩をすることに。
レオンと二人きりのお散歩は、本当に久しぶり。
なんだかレオンも嬉しそうに、足取り軽やか。
以前のように私の脇を歩き、途中立ち止まることもしない。

aIMG_4516.JPG

ユウリと一緒の時に引っ張ってみたり、立ち止まったりするのは
きっと「ボクのことも見て!」と自己主張していたんだね。

aIMG_4517.JPG

ユウリよりも人一倍甘えっ子のレオン。
なのにいつもガマンすることの方が多かった・・・。

ユウリのトレーニングに時間をかける分、同じようにレオンとの
時間も大事にしよう!



ニックネーム れおーり at 23:04| Comment(2) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

滑り台にチャレンジ

先日、「怖いよ怖いよ〜!!」だった滑り台。

aIMG_4401.JPG


抱っこしてちょっとずつ近づき、子供達が滑っているのを見せながら
おやつをあげたり、私がローラーの部分を触りながら「怖くないよ」と
言ったりして、何とか側まで近づけるように。

そして今日は、たまたま誰も使っていなかったので
レオンと一緒に滑り台に登ってみました。

aIMG_4496.JPG

最初はレオンが登って「怖くないよ〜♪」

aIMG_4498.JPG




aIMG_4497.JPG

レオンが登ったのを見て、おっかなびっくり近づくユウリ。

aIMG_4491.JPG

そして、めでたく登頂〜!!エライぞ、ユウリ〜〜!!
かなり逃げ腰だけどね。笑

抱っこじゃなく、自分で登れた滑り台。
あとはドンパッチに滑らせて(笑)、一緒に滑べれるようになったら
きっとガラガラの音も大丈夫になるかな♪

aIMG_4494.JPG
「あたち、やったわ〜!!」

ニックネーム れおーり at 22:34| Comment(2) | 怖いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

新しいお友達♪

同じマンションに住むチワワのゆう太君。
エレベーターでたまにご一緒してましたが、ユウリは初めて。

aIMG_4548.JPG

公園で会った瞬間、お互いワンワン大合唱!笑
ある意味、ウマの合う仲間です☆

aIMG_4549.JPG

ワンワン言いながら、それでもお互いを確認し合い
ゆう太君が後を向いた隙に、急いでクンクン。
でも、おっかなびっくり。
私の股の間がユウリの安全地帯なので、チェックの後は
すぐ逃げてきて「あたち、何もしてないもん!」の顔。

悪いことしてるんじゃないんだから、逃げなくていいのに。


どうしても、警戒し合ってるとお互い吠えてしまうけど
今の段階では仕方のないこと。
最初にワンワン吠えても、確認し合った後は一緒にいても大丈夫
だったので、今日のところは「イイコイイコ」にしておこう。
ニックネーム れおーり at 23:00| Comment(2) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

子供に慣れるということ

ユウリは子供が大の苦手。
それを克服する為に、公園で子供達の遊んでる姿を見せて
慣れさせようとしているけれど、今日はレオンがいたせいか大失敗。
ユウリだけの時は寄って来ない子供達が、なぜかレオンが一緒にいると初めて会う子供まで気軽に寄って来る。

それはそれでイイ事なんだけど、今日の場合はダッシュしてきた
小学生6〜7人に囲まれ、さすがのレオンもタジタジ。
急いでユウリのリードとカラーを押え付け顔を私の方に向けさせた。
そして「撫でていいですか」の断りもなく一斉にレオンを触りだし
そのナデ方も乱暴だったので、もっと優しくナデるように注意した。
ユウリにも手を出そうとするので真っ先に「この子は臆病だから
ごめんね」と言っても、面白がって手を出そうとする。
ユウリの場合、上や正面から手を出されると怖くて「ガウッ」と
してしまうことがあるので、こちらも気が気じゃない。

この状況はマズイと思って後ずさりしたけど、それでも一緒になって
ズルズル寄って来る。
「もっと離れろー!!」と言いたい衝動を必死に抑えながら
ユウリを押え付けていた。

レオンはちょっとイヤイヤモード。ユウリも怖くてブルブル。
怖過ぎて吠えるどころじゃない様子。
それでもレオンを撫でる手をクンクン嗅いでいるユウリを見て
これも慣れる為には必要なことなのかと思ったり、逆に益々嫌いに
させているのではないかと思ったり、早く立ち去るべきなのか
その場にいながらいろいろ迷ったことは失敗だった。

公園でトレーニングしていれば、こういう状況はこれからだって
たくさんあるはず。なのに、私の中でどこまで慣れさせたいのか
その基準が曖昧だった。
この曖昧さがユウリを余計怖がらせてしまったかもしれない。。。


一口に『子供に慣れさせたい』と言っても、どこまで慣れさせるのか。

レオンのように誰にでも触らせるようにしたいのか。
それとも、側に来た子に向かって吠えなければOKとするのか・・・。

理想はレオンだけど、ユウリの神経質な性格からすればどうがんばってもレオンのようにはなれないだろう。生まれ持った性格もある。
それこそ老犬になってかなり鈍感にならない限り、多分無理だろう。
となれば、吠えないまでがギリギリ限界か。。。

敏感なユウリは、予測不可能な子供の動きと高い声に弱い。
それに慣れさせるには、やはり子供達の動きを生で見せて
覚えさせるしかないと思う。こちらから近づくには大丈夫でも
走りながら近寄って来るのはまだ怖い。
今度からレオンと一緒の場合でも、子供達の人数や様子を見て
ダメな時ははっきり断ることにしよう。

『トレーニングするなら、基準を明確に持つこと!』
これが今日一番の反省点。
曖昧なリーダーには、ワンコも付いて来れないよね。
イカンイカン!!私がしっかりしなくては!!
ニックネーム れおーり at 23:00| Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

お友達

トレーニングを始めて1週間。

普通にお散歩する分にはおやつがなくてもツイテ歩けるようになり、
時々前に出ることがあっても「アトヘ」の号令とUターンしての
リーダーウォークで落ち着いて歩けるようになりました。
昨日強風で怖かったノボリ旗の場所でも、今日は風が穏かだったので何とかクリアー。(さすがにオスワリは嫌がった。笑)

公園に来ると、今日は土曜日だけあって子供達がいっぱい。
これは慣れさせるチャンス☆


aIMG_4522.JPG


先ずは吠える隙を与えないよう、駆けっこで気を紛らわし、その後子供達から離れた場所でオスワリ。


aIMG_4529.JPG


ちょっとドキドキのユウリさん。自分のところに寄って来ないと分かってしばしみんなのことを観察していた。少しづつ慣れたのか、サッカーで遊んでいる子供達の側を通っても、吠えることなく花マルでした♪



今日のトレーニングはこれでお終い。
そろそろ帰ろうとした時、向こうからブラックタンのダックスがやってきました。社交的でとっても懐っこい男の子で名前はマックス君。
まだ6ヶ月とのことですが、既にレオンくらいのサイズです。

aIMG_4542.JPG

初めて会うマックス君にユウリはビビリっ子。
私の足の間でちっちゃくなっていましたが、そこは積極的なマックス君。ユウリの背中やお耳のニオイをクンクンしてくれました。

aIMG_4545.JPG

aIMG_4543.JPG

レオンと一緒じゃない時に他のワンチャンとこうしてご挨拶するのは
初めて。お尻の匂いは嗅がせることが出来なかったけど、フレンドリーなマックス君に会えて良かったね。

aIMG_4539.JPG


聞けばすぐ隣のマンションに住んでるとのこと。また会えたらいいな♪
ニックネーム れおーり at 22:00| Comment(6) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

風が強いと・・・

ユウリが怖がる!!←新しい定説。(笑)

昨日一日雨だった為、お散歩に出なかったら嬉しいのとドキドキで
早歩きのユウリさん。
先日と同じコースを歩いてみたけど、今日はちょっと落ち着かない。

建物から急いで飛び出してきたおじさんに向かってワンワン!
曲がり角で突然見えた人に向かっては驚いてワンワン!

遠くからだんだん近づいてすれ違う人には吠えなくなってきたけど
突然視界に入ってきた人に対してはまだ全然ダメ。

お散歩コースを一周して、再度同じコースでトレーニング。
幼稚園の前に来るとそこもコースだと覚えたのか門の方へ行くように。
オスワリ・マテとアトヘの練習をして道路に戻って歩き出す。
さっき歩いた同じ道なので、今度は落ち着いてお散歩できた。

ところが、ある場所まで来たらさっきと同様ソワソワ逃げ腰。
ん?どうした?と思って周りをよく見たら、並んで立っている
ノボリの旗が強風に煽られてバタバタバタ〜〜〜!!!
「怖いよ怖いよぉぉ〜!!」

取り合えずオスワリさせてみたけれど、早く逃げたくてしょうがない。

私が呪術師なら「風よ静まれぇぇぇ〜い!!」 
と叫びたいところ。笑

でもそうも行かないので、ユウリの『怖い物リスト』に
また一つ『強風ノボリ旗』が加わりました。


一旦家に戻りレオンを連れて再び公園まで来ると、今度はおじさんに
向かってワンワン。『吠えろスイッチON』になってしまったユウリは
最後に大きいワンコを連れてお散歩している人を見つけてしまった。
私が先に気付けば良かったんだけど、ユウリの方が先に見つけて
ワンワンギャンギャン大暴走!!

はぁ〜。レオンと一緒だとやっぱりまだ強気になるユウリさん。
3歩進んで3歩下がってしまったよ。。。
昨日外に出なかったので、気分的な高まりがあったのは確か。
雨の日でも抱っこして外に連れ出した方がいいのかな〜。
ニックネーム れおーり at 17:28| Comment(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

テーブル下での『オスワリ』

今日は朝から雨なので、外のトレーニングはお休み。
ベランダでオスワリ・アイコンタクトの練習をした後は
ロープのおもちゃで遊びながら『持って&出せ』のトレーニング。
右手にレオン、左手にユウリ。両手に花の同時進行♪
どっちも引っ張りっこがしたくてグイグイ。
特にレオンの方は、夢中になると「ウゥゥ〜」になるので
その直前に「出せ」。仕方無さそうに渋々離せるようになりました。
これを20回くらい繰り返し。

そしてもう一つ、私達の食事中にはテーブル下で待てるように
トレーニングを始めました。
これが出来ると、カフェやどこかへお出かけした時にも
テーブル下で落ち着いていられるそうです。


◆テーブル下での『オスワリ・マテ』

@マットの上でオスワリ・マテの練習10回。
      下
Aテーブルの下にこのマットを敷いてオスワリ・マテの練習。
      下
B食事中リードを付けて足元にオスワリさせる。
      下
C食事が終わって立ち上がってから、ご褒美のおやつ。


aIMG_4465.JPG


実はレオンが仔犬の頃、とにかくやんちゃ坊主だったので
私達が食事中はリードを付けてテーブル下や足元に座らせていました。
その甲斐あって、レオンは今でも私達が食事をしている時は
自然とテーブルの下でフセているのですが、ユウリはそれ程イタズラ
しなかったので、このトレーニングはしませんでした。
お陰で今は、あっちこっちチャカチャカ歩き回り、
何故か私達の食事中に必ずウンPフンをしてくれます。笑

「食事くらいゆっくりさせてちょ〜!!」

aIMG_4488.JPG


ニックネーム れおーり at 19:09| Comment(0) | 室内でのトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

怖いモノ発見!!

今日は春のようにポッカポカ〜♪

aIMG_4400.JPG

お散歩もスムーズに進んで公園でリラックスしている時のこと。

子供達がブランコや遊具で遊んでいても、大人しくしていられるように
なったと思った次の瞬間、
「ガラガラガラガラ〜〜〜〜〜!!!」の音に反応して
ユウリも「ワワワワワワーーーーーン!!!!」突然吠え出した。

見れば男の子が滑り台を滑っている。
何回も繰り返し滑ってその都度「ワワワーーーン!!!」の大騒ぎ。
この滑り台、実はローラータイプ!!笑
滑る度にガラガラすごい音がするのだ。

aIMG_4401.JPG

aIMG_4403.JPG


そして一度『吠えろスイッチ』が入るともうダメ!!
一気に爆発。
アンパンマンの手押し車みたいな乗り物に乗ってやって来た子供にも
「ヴゥゥゥ〜ワンワン!!」


ここまで調子良くお散歩出来てたのにね〜。
今日は最後に落とし穴が待っていた。
でも、これによって一つ大きな発見がありました。

それは、元々子供が苦手なのではなく『音』が怖いということ。

『滑り台の音が怖い右怖い音は子供と一緒に発生』

振り返って考えると、この公園はウチのすぐ側にあるので、ユウリが小さい頃よく連れて行きました。仔犬だったユウリは怖くても吠えることをまだ知らず、音がする方を見ると子供がいた、という一瞬の記憶だけが残ったんだと思います。
そして子供にナデられたことが無かったユウリは、そのまま『音・動き・子供』が1セットで怖いモノとなり、成長と共に『怖い時は吠える』を覚えてしまった・・・。

他にもいろんな要因が重なっていると思いますが、音に対して敏感なユウリにとって、この滑り台が一つの原因になっていることは間違いなさそうです。


さて、どうするか。

解決策として考えられる選択肢は3つ。

@子供達が遊んでいる時は、この公園に近づかない。

A抱っこしながら少しずつ近づき、徐々に慣れさせる。

Bドンパッチに滑り台を破壊させる



一番良いのはやっぱB!!ぢゃなくて、Aの慣れさせるかな〜。
もし少し離れた場所の公園なら、@も有効だと思うけど
なんせマンションの目の前。
しかも子供達にとっても人気No.1の遊具。
音が大きいので公園に入らなくても充分聞こえてしまう。
そう考えると、ちょっとずつ慣れさせていくしか無さそうです。

怖いモノが発見出来たことは、解決の第一歩。
トレーニングもプラス思考でいかなくちゃ☆
どう慣れさせていくか、これから一人作戦会議を開きます♪
ニックネーム れおーり at 20:19| Comment(10) | 怖いモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

アイコンタクト(2)

ごはんタイムのアイコンタクトは絶好調♪

立った状態で手の位置を胸から真横に伸ばしてみたり、
下に下げてみても大丈夫♪
どの位置でもしっかりアイコンタクトができるようになりました。

この調子で外でもアイコンタクトができたらいいな♪

お散歩中、ベビーカーを押しなが右側には小さな女の子、そして
左側にはMピンシャーをお散歩させてる家族とすれ違いましたが
ユウリを見てみると、あまり気にしてない様子。

今までだったら、早くその場から逃げようと引っ張るか、
身を隠すか、もしくはワンワン威嚇。
おやつで気を引かなくても普通に歩けるようになったことは
ユウリにとって大きな変化でした。

これに調子こいて今日は幼稚園の門の前で立ち止まってみました。

aIMG_4389.JPG

外で遊ぶ子供達の声や姿が見えるのでユウリにはまだ早いような
気もしましたがモノは試し。
門の前でオスワリさせたり、おやつで誘導しながら歩かせたり
してみました。

aIMG_4390.JPG

唸ったら止めるつもりだったけど、門で仕切られてる安心感か、
子供達の姿を見ても身構えず、唸りもしないでその場にいることが
できたました☆

おぉ〜〜!!やったじゃないかユウリ!!!
初めての場所、しかも子供達の声が聞こえる中でオスワリが
できたのはスゴイぞ〜。

でも、2〜3分そこにいて立ち去る時はちょっと早足。笑
ココの幼稚園も、毎日のお散歩コースに入れて少しずつ慣れさせよう。




最後は公園でのリラックスタイム。
一緒に走ったり、好きなように匂いを嗅がせたり、ベンチに座ったり。

昨日まではベンチに座る際私のヒザに抱っこでしたが
今日は地面にオスワリさせてみました。

aIMG_4395.JPG


日向ぼっこが気持ちよくユウリもリラックス♪
そしておやつをあげようと「ユウリ♪」と声をかけたら
しっかり私をみてるじゃないですか!!


aIMG_4399.JPG


ワォ〜〜!!

ついにお外でアイコンタクトができたーー☆☆

わ〜いわ〜い♪万歳バンザイバンザ〜イ!!



他のワンちゃんにとってはフツーに出来るアイコンタクト。
これがようやく外でも出来るようになったユウリ。
やっとスタートラインに立った気分です♪

あんなに臆病だったユウリが、ほんのちょっとずつ慣れてきたことは
何よりも嬉しいこと。そして私自身、ユウリと1対1のお散歩で
今まで見えなかったことがいろいろ見えてきた感じ。

今回は『決して焦らず、ユウリのペースで』と心に誓っていましたが
予想以上にユウリの慣れるペースが速く、逆に驚いている私です。
ユウリのがんばりをムダにしないよう、明日からも楽しくトレーニング
を続けて行きたいと思います。


ニックネーム れおーり at 22:00| Comment(0) | アイコンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

お散歩(3)

今日は午後からレオンも一緒にお散歩。
レオンもユウリも嬉しそうるんるん
やっぱり兄妹。一緒のお散歩の方が楽しいんだね。

でもここで、ユウリよりレオンの方が引っ張ることが判明。
これまでユウリの方が先に行こうとしてたけど今日は逆。
一緒のお散歩が嬉しいのは分かるけど、レオンは力があって
リードを持つ手が痛いよBad
ユウリがツイテ歩けるようになった分レオンの引きが目立つのかな。
レオンは脚側歩行できると思ってたのにこりゃイカン。
一緒にトレーニングしなきゃダッシュ(走り出すさま)

そう思って公園でリーダーウォークや脚側歩行の練習をしていると
突然ユウリがフリーズし「ウゥゥゥ〜ッ!!」
ハっと後を振り返ると、小学生の女の子3人組が既にレオンを
撫でていた。
「げ、ヤバイ!!」急いでユウリのリードを短く持って抱っこ。
取り合えずレオンは子供が好きなので、生贄として差し出した。

オスワリしてみんなにナデられてるレオンはちょっと嬉しそう犬(笑)
「この子、大人しくてすっごく可愛い〜〜〜♪」
「そう?レオンはナデられるの好きだからね〜」と言いつつ内心は

(ユウリには触るなよーーパンチ!早くいなくなってくれ〜〜!)

と念じていた私。
ユウリを抱きながら口では笑っても目は怖かったと思う。笑

女の子が側にいる間、ユウリは時々小さく「ウゥ」
吠えちゃいけないと必死にガマンしているのがよく分かった。
怖かったのによくがんばったね。

それにしても今日はレオンがいて助かった。
時々レオンを見てて思う。
子供達が近づいて来た時、自分から先にオスワリしてナデてもらおう
とするのは、ひょっとして臆病なユウリを守る為なの?
な〜んて、そこまでは考えていないと思うけど、ユウリをかばっている
ように見えることも多いのは事実。

ユウリ、レオンがお兄ちゃんで良かったね。。。
ニックネーム れおーり at 23:00| Comment(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする