2006年02月12日

お散歩(2)

ごはんタイムや家の中でご褒美をあげる時はアイコンタクトが
できるようになってきたユウリさん。
でも一歩外に出ると、まるで出来ない。
そこで匂いも美味しそうなおやつを選んできました。

aIMG_3833.JPG

チーズが大好きなので、ササミ&チーズのおやつ、
そして7種類の野菜がはいったチキン。
どちらも千切ってあげられるように柔らかタイプのおやつにしました。

今日は早速「いろいろ野菜」の方を持ってお散歩ランラン♪

昨日、一昨日は人通りの少ない道を選んでお散歩しましたが
今日はお店が並ぶ道を歩いてみることにしました。
途中赤ちゃんグッズ専門店が立ち並び、小さい子供連れの買い物客が
多いの場所。吠えずにいられるか、私もドキドキ。

向こうから子供連れの家族がやってきました。
ユウリはちょっと緊張気味。道路の端でオスワリさせても
向かってくる家族が気になり落ち着かない。


aIMG_4382.JPG


そこで、さっそくおやつを鼻先に近づけると・・・ウマそうな匂いに
お鼻ピクピク。そのまま口に入れてやると「こりゃ〜ウマイ!」
どうやらこのおやつはお気に召したよう♪

人が近づく度にオスワリ&おやつ。
アイコンタクトはまだできないけど、子供が側を通っても
吠えずに過せたのはエライ!!よくばんばったね、ユウリ。


ニックネーム れおーり at 20:30| Comment(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

お散歩(1)

昨日から始めたごはんタイムのアイコンタクト。
「ユウリ、見て!」のコマンドでのアイコンタクトが随分スムーズに
なってきました。
途中ごはんを持つ手を見ることはあっても、すぐに私の目を見ます。
そこで今日は、立った位置でもトレーニング。
ハウスからちょっと離れて「ユウリ、見て!」
これも上手に出来るようになりました☆
う〜ん♪ママは嬉しいぞ〜。

そしてこのアイコンタクトの練習と平行して
昨日からユウリだけのお散歩時間を作ることに。

今までずっとレオンと一緒にお散歩させていましたが、トレーニング
するには1対1の方がやり易いのと、ユウリのガウガウの原因に
レオンの存在が大きいように感じたからです。

実はユウリだけでのお散歩の時はほとんど吠えず、私の側をちゃんと
歩けるのです。それがレオンと一緒だと前に出たがり、人を見れば
ワンワン。お友達からのアドバイスで気付いたのですが
どうやら「あたちにはレオンがいるもん♪」と強気になっていた様子。
これは多頭飼いによくあるそうで、解決のカギもココにありそうです。
レオンには悪いけど、コングを置いてお留守番ね。


◆お散歩でのトレーニング

@おやつを使ってツイテ歩かせる

A前に出たがった場合はターンしてリーダーウォーク

B人が近づいてきたらオスワリ・マテ

Cおやつをあげて、吠えるタイミングをずらす

D吠えなかったら再度おやつをあげて褒める

E公園のベンチに座ってリラックス



aIMG_4383.JPG


昨日、今日とやってみて、これはかなり効果ありそうです。
人が側を通っても一切吠えず、子供の姿を見てもガマンガマン。
これには私も感心。抱き締めていっぱい褒めてあげました。

だけどユウリ、外ではまだアイコンタクトができません。
警戒してるのと、周りの状況の方が気になってこっちを向けない。
よっぽど警戒している時は、大好きなおやつすら口に入れないのです。そういう時は私の方で口に押し込んでいます。
これがレオンと一緒なら、他の飼い主さんの手からもらって食べられる
のに、一人だとできない。やはり一人になると撃沈するのでした。

当面の目標は『外でもアイコンタクトがきるようになる』こと。

匂いで釣られ易いように、もっと美味そうなおやつを選んでみよう。
ニックネーム れおーり at 20:30| Comment(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

アイコンタクト(1)

トレーニングやり直しの第一弾はアイコンタクト。
これはしつけのなかで基本中の基本。
普段何もない時はよく私の目を見ていますが、いざご褒美になると
アイコンタクトではなく、おやつに注目!!涙
なるべくアイコンタクトさせてからおやつをあげるように
していますが、完璧ではありません。
そこでまずは信頼関係を強めるアイコンタクトを
徹底的にマスターすることからスタート。


◆ごはんタイムのアイコンタクト

ユウリはごはんが大好き。ガブガブ丸飲みする勢いです。
こんなに好きならごはんをトレーニングにしちゃおう作戦。

@ハウスでおすわり&マテ
     下
Aごはん2〜3粒を持って胸の位置へ
     下
B「ユウリ、見て!」と声をかける
     下
Cアイコンタクトができたら「ヨシ」でごはんをあげる


aIMG_3830.JPG


1回のごはんで15回くらい練習出来るので
最初はごはんを持ってる手に注目していたユウリも
徐々にアイコンタクトが出来るようになってきました。



ニックネーム れおーり at 23:45| Comment(0) | アイコンタクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臆病になった原因

◆原因◆

正直、社会化についてはそれ程深くは考えず、レオンの時と同じように
大きい公園でたくさんの人やワンちゃんに毎日会っていれば
自然に慣れるだろうぐらいしにか考えていませんでした。

他のワンちゃんが近づいて抱っこをせがんでも
ここで手をだしてはいけないとそのまま放置。
ワンちゃん同士のご挨拶を覚えさせようとそればかり必死でした。
多分この頃に恐怖心が芽生えてしまったのだと思います。
そんなことも考えず、早くいろんなことに慣れさせたいと
それだけに集中し、ユウリの臆病な性格を見抜けないまま
レオンの時と同じように接していました。

しかし、これがそもそもの大きな間違いでした。
レオンとユウリは性格も行動も全然違うと分かっていたのに
同じやり方で慣れさせようとしたことが失敗の原因だったと思います。

そして一番いけなかったのは、私自身が焦ったこと。
「しつけは焦らずに」と心の中では思っていても
仔犬時代の社会化はなるべく早いうちにやらなければという思いが
強かったのです。社会化そのものは深く考えてないくせに、
焦る自分。。。ホント矛盾しています。

ユウリの性格や慣れるまでのペースを一切無視し、
とにかく人やワンちゃん達にたくさん会わせれば慣れるだろうと
かなり強引なやり方をしてしまい、臆病なユウリはますます臆病で
警戒心の強い子になってしまいました。
本当に気の毒なことをさせたと胸が痛みます。

確かに生まれ持った性格や警戒心の強さは遺伝的なものもあるかも
しれませんが、一番は仔犬時代の飼い主の対応の仕方が大きいように
思います。臆病な子には臆病な子なりに、遠くから少しずつ慣れさせ
る等の配慮も必要だったと、今になって反省することがたくさん
あります。


ユウリにとってのいろんな怖いことをこれから少しずつ、ゆっくり
取り除いてあげたい。
今度こそ焦らず、ユウリのペースでトレーニングしていこうと思います。
ニックネーム れおーり at 23:25| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユウリの性格

◆性格◆

初めて会った頃のユウリは、私達にすぐに慣れ
ベタベタの甘えっ子でした。
ダンナが帰宅すればウレションで迎えるくらいの甘えっ子。
警戒心もなく、レオンとも最初から一緒に遊んでいました。

そしてお散歩デビューもスムーズにクリア。
初日から公園でオシッコもウンチもでき、これにはびっくりでした。
レオンがお外を歩くまでに1ヶ月掛かったのを考えれば
まさに驚異的!!
「ユウリは慣れるのも早いし、社交的だから大丈夫。」
そんな風に考えていました。

それが生後5ヶ月を過ぎた頃から、お散歩中に吠えるようになり
すれ違う人や、遠くを歩いている人を見つけるとワンワンワン!!
他のワンちゃんでも吠えられると吠え返す。
子供が遊んでいるのを見てもワンワンワン!!
ちょっとの物音でも大騒ぎ!
とにかく警戒心の強い子になっていました。

それでも大好きな人は何人かいて、一度心を開けばどんな場所でも
(公園でも道路でも)お腹を見せ転がって甘える性格です。


ニックネーム れおーり at 23:18| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

1歳5ヶ月になるユウリは人もワンコも苦手なガウガウ娘。

しつけ教室にも通い、公園で人やワンコにも会わせ
慣れさせてきたつもりだったのに、
人を見てもワンワン!初めてのワンコを見てもワンワン!!

特に子供は超苦手になってしまいました。

原因がつかめないまま、獣医さんに相談してみると
「ダックスはこういう子が多いから」と言われ
「遺伝的な性格もある」
と言われました。


確かにレオンと比べ極端に臆病なユウリ。
同じ犬種でも性格って全然違う。

何とかしたいと思う反面、これがユウリの性格なら
無理に慣れさせようとしても逆効果。
例え他のワンコと遊べなくても、私達を親だと認め、
安心と信頼がそこにあればそれで充分かな〜と考えました。


だけど、こんなに臆病ではドッグカフェはおろか
家族で一緒に旅行するなんて夢のまた夢。
ユウリも全然リラックス出来ず、警戒心でワンワン吠えては
他の人にも迷惑をかけてしまう。。。。


そこで何とかもう一度トレーニングをやり直し、
人やワンコが側にいても落ち着いていられる様にしてやりたい。
そんな思いからこのブログを始めました。

トレーニングで上手くいったこと、ダメだったことなどを記録し
ユウリに合った方法を見つけながら楽しくトレーニングできたら
と思います。

途中でやり方を変えたり、矛盾する点が出てくるかもしれませんが
私自身も試行錯誤。そこは大目に見て頂ければ幸いです。

また、他にこんなトレーニング方法があるなどの
アドバイスも大歓迎です。
コメント欄やBBSに残して頂けると大変有り難いです。


既に1歳を過ぎたユウリですが
『人に吠えない。ワンコに吠えない』
『初めての場所でも落ち着いていられる。』

そして最終的には
『人にもワンコにもご挨拶ができるようになる』
を目標に一からトレーニングスタートです。

いつか一緒に旅行できる日を胸に、道のりは遠くても
ユウリの為にもがんばろうと思います。


ニックネーム れおーり at 00:00| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする